『演歌と小さな旅を楽しむ掲示板

6006
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

今年の写真から - せん

2019/06/25 (Tue) 14:24:22

美華ちゃん こんにちは。具合は如何ですか?

暖かくなったら体調も良くなると思っていましたが、出て来れない位なのですね。何とか良くなると良いですね。

今年になってからもあちこち撮影していますので、UPしますね。どうぞご覧下さい。

最初の写真はポピーが咲き始めた頃の筑波山です。

Re: 今年の写真から - せん

2019/06/25 (Tue) 14:27:10

同じ場所からの縦位置撮影写真です。

Re: 今年の写真から - せん

2019/06/25 (Tue) 14:33:28

千葉県佐倉市にある 印旛沼の夕景です。現在は禁漁期間だそうで、動いている釣り船は見当たりません。

調べてみると印旛沼の歴史はとても長い様ですね。

Re: 今年の写真から - せん

2019/06/25 (Tue) 14:36:53

佐倉城址公園の朝の風景です。奥のあやめが咲いている頃の、早朝散歩の写真です。

Re: 今年の写真から - せん

2019/06/25 (Tue) 14:40:44

母のいる 茨城県大洋村(旧称)の海の風景です。私は海の広い風景が大好きです。

母は現在97才。元気です。

Re: 今年の写真から - せん

2019/06/25 (Tue) 14:49:03

印旛沼の夕景です。

美華ちゃん。いつもカウンターが動いていますので、動けない体ながら生きておられる事は分かります。

写真はたくさん沢山ありますので、また投稿しますね。
美華ちゃんとまたお話したい気持ちで一杯です。

どうぞお気を強く持って、何時までも長生きしてして下さい。それではまたです。

美華ちゃんへ - 携帯せん

2019/04/30 (Tue) 23:36:10

美華ちゃん、平成時代には言葉にならない程お世話になりました。美華ちゃん、大好きっ娘ちゃん達がおられたからこそ 私の人生に於いて豊かな彩りになりました。終生感謝申し上げます。ありがとうございました。令和の時代にもどうぞ宜しくお願い致します。

Re: 美華ちゃんへ - 携帯せん

2019/05/01 (Wed) 06:09:15

美華ちゃん、令和元年初日になりました。新たな気持ちで前向きに生きて前進しましょう。どうぞ宜しくお願い致します。

平成最後の満月 - 携帯せん

2019/04/20 (Sat) 03:29:37

家のベランダから撮影しました。映像はカメラの中ですので、いつかUPします。美華ちゃんはまだ具合が悪いままなのですね。

Re: 平成最後の満月 - せん

2019/04/24 (Wed) 09:24:41

美華ちゃん こんにちは。

先日は伊豆半島一周、今回は南房総一周、その他あちこち出歩いていますので、写真のUPが遅くなりました。

4月19日の早朝前の暗い時間に撮影したお月さまです。

Re: 平成最後の満月 - せん

2019/04/24 (Wed) 09:29:16

自宅の2階のベランダから撮影しました。

18日の夜空は厚い雲に覆われ、月は見えませんでしたので、日付が変わってからの撮影になりました。

想い出に残る満月の写真です。撮って良かったです。

お花見 - 携帯せん

2019/03/31 (Sun) 15:22:41

午後から晴れて、桜も満開。今日は近所の公園に集まりお花見をやりました。

Re: お花見 - 携帯せん

2019/03/31 (Sun) 15:28:46

きれいな花の下でみんなが集のも良いものです。

Re: お花見 - せん

2019/04/01 (Mon) 21:05:43

近くの公園で花見です。

Re: お花見 - せん

2019/04/01 (Mon) 21:08:22

近くのお寺のしだれ桜です。樹齢350年だそうです。

Re: お花見 - せん

2019/04/01 (Mon) 21:10:23

近くの別の公園です。

Re: お花見 - せん

2019/04/01 (Mon) 21:11:44

公園内の階段です。

無題 - がんばる・美華ちゃん!

2019/02/16 (Sat) 10:42:05

こんにちは。

あれからまた救急で行ってきました。
一日も入院はしないで)帰ってきましたので、
昨日までゆっくりさせて戴きました。
今日から再開できると想いますので、
また宜しくお願いします。

Re: 無題 - 携帯せん

2019/02/16 (Sat) 18:38:56

美華ちゃん、大変ですね。やっと少しずつ気温も上がりつつなので、体調も良くなると良いですね。今日は写真仲間の写真展を見に行って来ました。金沢旅行の続きもおいおい書きますね。

Re: Re: 無題 - 携帯せん

2019/03/20 (Wed) 17:44:23

美華ちゃん、こんにちは。気候も少しずつ良くなって来ました。如何お過ごしですか?ずっとお出を待っています。お願いします。

海のきれいな館山 - 携帯せん

2019/03/08 (Fri) 16:21:39

歩いて渡れる島 沖の島です。

金沢旅行紀(10) - せん

2019/02/28 (Thu) 11:27:53

帰る日になりました。比較的天気に恵まれた観光旅行でした。

小松空港の待合室からの眺めです。

Re: 金沢旅行紀(10) - せん

2019/02/28 (Thu) 11:29:56

搭乗口の前の部屋に向かって移動中です。

Re: 金沢旅行紀(10) - せん

2019/02/28 (Thu) 11:37:44

飛行機の到着が遅れましたが、やっと整備が終わり搭乗時間になりました。これから搭乗です。

Re: 金沢旅行紀(10) - せん

2019/02/28 (Thu) 11:41:40

今回は窓際の席に座れました。

飛行機は小松空港の離陸滑走路に移動中です。

Re: 金沢旅行紀(10) - せん

2019/02/28 (Thu) 11:43:51

離陸しました。

夕方ですので夕陽が見えます。

Re: 金沢旅行紀(10) - せん

2019/02/28 (Thu) 11:45:55

雲の下の切れ間に雪を被った山々が見えます。

Re: 金沢旅行紀(10) - せん

2019/02/28 (Thu) 11:52:21

羽田空港に無事着陸しました。

此処からモノレールや電車・バスを乗り継いで家に帰りました。今回の旅行も良い旅行が出来ました。

美華ちゃん、見ていてくれていると思います。どうぞ何時までものお元気をお祈りをお願いして今回の報告を終わりにしたいと思います。

金沢旅行紀(9) - せん

2019/02/26 (Tue) 12:38:33

JR金沢駅東口前に有る「鼓門」のライトアップのもようです。門のすぐ向こう側が駅の正面です。

Re: 金沢旅行紀(9) - せん

2019/02/26 (Tue) 12:41:50

三脚を構えて撮影していると、照明のが色急に変わりました。

Re: 金沢旅行紀(9) - せん

2019/02/26 (Tue) 12:47:04

数分後に青一色になりました。

人通りが多いので、通行が途絶えてから青一色の風景を撮ろうとしましたが、数分後に朱色に戻って、その後はずっと朱色の照明のままでした。

Re: 金沢旅行紀(9) - せん

2019/02/26 (Tue) 12:56:00

門をくぐって駅側に来ました。観光客が楽しめるように日本の美の飾りがありました。

以前にこちら方面に来た時は鼓門の事は知りませんでしたので、車中泊しながら来ましたので駅には来ませんでした。今回は楽しみにしていた鼓門撮影が出来て良かったです。

美華ちゃん、見て戴いておりますか?美華ちゃんに見て戴きたいです。

金沢旅行紀(8) - せん

2019/02/26 (Tue) 12:03:51

犀川です。遠くに山が見えます。

室生犀星記念館に歩いて向かっている途中です。

Re: 金沢旅行紀(8) - せん

2019/02/26 (Tue) 12:06:09

橋を渡って少し歩いて間もなく 室生犀星記念館に到着しました。

Re: 金沢旅行紀(8) - せん

2019/02/26 (Tue) 12:09:41

記念館の入り口脇に 犀星の詩がありました。

中学生位の時の教科書に載っていたと思います。

Re: 金沢旅行紀(8) - せん

2019/02/26 (Tue) 12:14:27

記念館内部です。撮影はOKでした。

犀星の作品の原本が飾ってあります。

Re: 金沢旅行紀(8) - せん

2019/02/26 (Tue) 12:16:00

作品です。

Re: 金沢旅行紀(8) - せん

2019/02/26 (Tue) 12:17:31

中庭の池です。

Re: 金沢旅行紀(8) - せん

2019/02/26 (Tue) 12:27:27

作品です。このようなブースが幾つもあります。

Re: 金沢旅行紀(8) - せん

2019/02/26 (Tue) 12:29:13

絵本の様な作品もたくさんありました。

Re: 金沢旅行紀(8) - せん

2019/02/26 (Tue) 12:31:08

沢山の詩もありました。

金沢旅行紀(7) - せん

2019/02/26 (Tue) 11:15:38

金沢城から南南東方面 約500m位に位置する「長町武家屋敷」に来ました。犀川の少し手前にあります。

Re: 金沢旅行紀(7) - せん

2019/02/26 (Tue) 11:20:05

昔の造りの土塀ですので、雪の積もりから土塀を守る為に藁で薦掛けをしています。こうしないと雪の水分が土塀に染み込んで早く劣化してしまうのでしょう。

Re: 金沢旅行紀(7) - せん

2019/02/26 (Tue) 11:24:35

薦掛けの土塀に囲まれた大きなお屋敷があちこちに見られます。観光客に中に入らせてくれる屋敷も有りましたが、実際に人が住んでいるお屋敷もありました。

Re: 金沢旅行紀(7) - せん

2019/02/26 (Tue) 11:29:26

お屋敷の出入口は板戸です。

雪による板の劣化が模様の様に浮かんでいます。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.